10年目のカルテ

全体のバランスを取りながら
チームをコーディネートする救急医に惹かれて

【救急科】相坂 和貴子医師
(手稲渓仁会病院 救命救急センター)-(前編)

救急車が来るのが怖かった

10年目のカルテ

――はじめから救急の道に進むつもりだったのでしょうか?

相坂(以下、相):いいえ、内科志望でした。私の地元は青森県の小さな漁村で、青森市からも2時間以上かかるような人口2千人ほどの村でした。合併して「市」になったものの、市街地からは車で1時間半。だから医学部に入った頃は「ここで医師をやるなら内科かな」と漠然と思っていました。

――では、どんな経緯で救急に興味を持ったのでしょうか。

相:初期研修先は、ER方式の救急がある病院から選んだんです。救急科に残るつもりは全くありませんでしたが、はじめから地域医療の道に進むのには不安もありました。まずはある程度の手技や知識を身につけたいと考え、Common Diseaseをたくさん診られる救急で勉強しようと思ったんです。

恥ずかしい話ですが、はじめの頃は救急車の受け入れが怖かったんです。でも、救急で活躍している先生はかっこよくて、だからなんとか苦手意識を払拭したいと思い、1~2年目でたくさん当直に入ったんです。そうしているうちに、「救急って面白いかもしれないぞ」と感じるようになってきたんです。

――どのあたりに魅力を感じたのでしょう。

相:チームをコーディネートしながら治療していくところでしょうか。例えば多発外傷の患者さんには、医師ひとりでは対応できません。他科の医師、看護師、放射線技師なども関わって、まさにチームでひとりの患者さんを診るんです。また、救急では初期治療と診断を同時進行で行うので、瞬発力や判断力も求められます。上の先生方を見ていて、救急医は全体に目を配り、バランスを取りながらチームをコーディネートしていることに気づき、そこに魅力を感じたんだと思います。

10年目のカルテ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら