医師のみなさまへ

2019年12月6日

医師の副業・兼業と地域医療に関する日本医師会緊急調査(終了しました)

現在、労働者全般の副業・兼業の場合の労働時間管理等の取扱いについて、労働政策審議会で議論が行われています。

本アンケート調査は、日本医師会として、医療機関の副業・兼業(複数の医療機関に勤務)の現状を把握し、労働時間が通算された場合の地域医療と医療機関経営への影響を検討することが目的です。本調査は全国8,343病院にお送りしています。いただいた情報は統計的に処理し、個々の医療機関名を公表することが一切ございません。

本調査については、病院長がご回答ください(病院長のご指示をうけた事務長によるご回答も可です)。また、ご回答は2019年12月1日を基準としてお答えください(12月1日時点の情報がない場合は、直近の状況でお願いします)。

 

※入力フォームへアクセスするにはアカウントが必要です。郵送にてご通知しています。


◆個人情報の取り扱いについて

 入力された情報は、「医師の副業・兼業と地域医療に関する日本医師会緊急調査」に関する業務以外で使用することはありません。

◆入力情報の暗号化

 入力された個人情報は、SSL通信により暗号化されていますので、内容は安全に送信されます。

お問い合わせ先

日本医師会 健康医療第一課
(久野、高久、成宮、岸)
TEL;03-3942-6138(直通)
FAX;03-3946-5786(直通)
e-mail:k1@po.med.or.jp

お知らせトップへ