大腸がん 原因 症状 主な検査
食生活の欧米化が大きな増加要因

最大の要因は食生活の欧米化と考えられています。昔と比べて肉類、卵、乳製品など、脂肪分や動物性たんぱく質の摂取が増える一方、腸内の調子を調えたり掃除をしたりする役目を果す食物繊維などの摂取量が減少していることが影響しています。便が腸内に長時間とどまり、それだけ腸内の粘膜に発がん物質などが接する時間も長くなってしまうからです。
食物繊維や緑黄色野菜を積極的に摂りましょう

穀類や豆類など植物繊維が多く含まれる食事を摂っていると大腸がんになりにくいという報告もあります。緑黄色野菜にも大腸がんの危険度を下げる効果があるといわれています。
アルコール飲料は控え目に

アルコール飲料の習慣的飲み過ぎも大腸がんの原因の一つと考えられています。



前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.