肝臓がん 原因 症状 主な検査
肝炎ウイルスのキャリアや
お酒をたくさん飲む人は発症の可能性が高い


肝臓がんの80〜90%は、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染によって起こっています。これらのウイルスが正常肝細胞に突然変異を起こさせ、がん化させてしまうと考えられています。

ウイルスのキャリアで慢性肝炎や肝硬変の人は、ハイリスクグループと呼ばれ、がんになる確率が通常より高くなり、定期的な経過観察をする必要があります。また、許容量を超えた大量の飲酒も原因となります。

キャリアとは、体内に肝炎ウイルスを持っていても発症していない人のことをいいます。

前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.