肝臓がん 原因 症状 主な検査

40〜60歳代の男性に多いがん
肝炎ウイルスとの関係も指摘されています
肝臓がんには、最初から肝臓の組織に発生した原発性と、胃がんや肺がんが肝臓に転移した転移性があります。ここでは原発性肝臓がんについて説明します。

肝臓がんは年々増加傾向にありますが、最近、特に働き盛りの50代の男性に増えてきています。 肝炎ウイルスと関係が深く、ウイルス性肝炎から肝硬変に移行すると肝臓がんの発生率が高くなります。

自覚症状がわかりにくいため、定期的な検診で早期に発見することが重要です。

前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.