肺がん 原因 症状 主な検査


日本でも、急激に増えている肺がん喫煙が大きな危険因子
肺がんは世界的に増加傾向にありますが、英国、米国では喫煙率の低下に伴い減少しはじめています。しかし、日本では年々増加の一途です。すでに男性では胃がんを抜いて死亡率の最も高いがんになっていて、最近では女性にも増えてきています。

喫煙と深い関係にあることが多く、予防に禁煙は欠かせません。
前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.