前立腺がん 原因 症状 主な検査

高齢化や食生活の欧米化などが関係

前立腺がんの原因の一つは、老化に伴う男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れとされていて、発生も50歳代から増加し始めます。平均寿命の伸びとともに発症数も増えてきています。

このほか、食生活の欧米化により、動物性の脂肪やたんぱく質の摂取量が増える一方で、食物繊維やビタミン類などの摂取量が減っていることも影響していると考えられています。


前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.