前立腺がん 原因 症状 主な検査
血液検査によって早期発見を
検査の手順としては、まず、腫瘍マーカー(PSA)の値を調べる血液検査の結果をみて、直腸指診
直腸指診とは…肛門から直腸の中に指を入れて、腸壁越しに前立腺の状態をみる方法で、前立腺のかたさや痛みの有無などを調べます。閉じる
や超音波検査などの画像診断が行われ、さらに詳しく調べる必要がある場合は、前立腺の組織を針で採取して顕微鏡で調べる生体組織検査
生体組織検査とは…針を前立腺に刺して組織を直接採取し、顕微鏡で調べます。閉じる
が行われます。

前立腺がんの初期には無症状のことが多く、早期に発見するには定期的に検査を受けることが必要です。男性の場合は発生の確率が高まる50歳を過ぎたら、年に1回は血液検査を受けるようにしましょう。

腫瘍マーカー(PSA検査)
がん細胞がつくりだす特有のたんぱく質(腫瘍マーカー)を血液検査で測定し、がんを発見します。前立腺がんの場合はPSAを測定することで、かなり高い確率でがんを発見することができます。

前へ 次へ 閉じる
Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.