close
heightbar
CONTENTS

●白内障とは

白内障の種類

治療と日々の注意





白内障
白内障とは
人の目の構造は、カメラとよく似ています。カメラのレンズにあたる部分が「水晶体」で、この水晶体の厚さを変えることで、ピントを合わせています。白内障とは、この水晶体が白色、あるいはクリーム色に濁る病気です。その濁りが光の透過をさまたげ、網膜に正常に像が結ばれなくなると視力の低下が起こります。

レンズの役目を果たす水晶体が濁るため、以下のような症状が現れます。
  • 視界にかすみがかかったように見える
  • 片眼でもモノが二重三重に見える
  • まぶしさを感じる
  • 暗くなると見えにくくなる
  • 目が疲れやすい など




 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.