close
heightbar
CONTENTS

じんましんとはどんな病気か?

●じんましんのメカニズムは?

●じんましんの治療は?予防法は?





じんましん
じんましんの治療は?予防法は?

【じんましんの治療】

じんましんの治療は、原因が明らかな場合はそれらを取り除くようにすることが第一ですが、原因が不明な特発性の場合は対症療法が行われます。 具体的には、皮疹やかゆみを引き起こすヒスタミンの作用を阻害する抗ヒスタミン剤、あるいはヒスタミンを含む各種物質が肥満細胞から放出されるのを阻害するさまざまな抗アレルギー剤の処方が中心となります。また、症状が重い場合などでは、ステロイド剤が短期間用いられることがあります。 なお、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服薬は、副作用としての「眠気」が知られていますが、近年では眠気が少ないものも登場しています。

img

【じんましんの予防】

原因が不明な特発性じんましんでは、残念ですが予防のしようがありません。一方、原因がわかるアレルギー性じんましんなどの場合は、日頃から食品の成分に注意し、原因物質にできるだけ接触しないよう心がけるようにします。また、特定の物質に強いアレルギーをもっている方は、万が一のアナフィラキシーに備えて、アドレナリンの自己注射を携帯するという方法もあります。携帯しておきたい方は、医師とよく相談をしてください。じんましんは、命にかかわることは少ない病気ですが、強いかゆみをともなう皮疹はつらい症状です。不快なじんましんに悩まされている方は、かかりつけの医師の診断を受け、よく相談のうえで適切な処置をすることをおすすめします。

 


 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.