過敏性腸症候群とは…その原因は?どう対処する?

過敏性腸症候群とは…
ストレスからくる腹痛、下痢、便秘
慢性的な下痢や便秘、ガス過多などの症状が現れる病気で、緊張や不安などのストレスが原因で起こる腹痛や腹部不快感、便通異常を総称したものです。
しかし、腸の機能に問題があるわけではありません。

一番困るのは慢性的な下痢
下痢型
ちょっとした緊張がきっかけで腹痛が起き、すぐトイレに行きたくなります。下痢や軟便が1日に何回も起こり、いつ便意をもよおすか分からないため、トイレのついていない電車には不安で乗れなかったり、駅ごとにトイレに行くといった状態になることもあります。

便秘型
腹痛や腹部の不快感があり、トイレに行ってもあまり便が出ず、出ても小さなコロコロの便になります。

不安定型
下痢が数日続いたと思うと次は便秘が数日続くといった症状を交互に繰り返します。
前へ次へ 閉じる