どんな症状?メニエル病とは?発作が起きたときは?原因と対策治療法は?

くすりによる対症療法が中心
メニエル病の根本的な治療法は残念ながら見つかっていません。基本は、発作時にその症状を抑えるための薬物による対症療法になります。

循環改善剤、血管拡張剤、ビタミン剤、利尿剤などが使われ、末梢血管の血行をよくしたり、体内の余分な水分を排出することで、内リンパ水腫の状態を緩和します。
発作時には、鎮痛剤を使用することもあります。

ひんぱんに再発を繰り返す場合は、内耳の過剰なリンパ液を取り除くなどの手術も行いますが、メニエル病は症状の現れ方や程度にかなり個人差があります。

最近は、「めまい外来」という診療窓口も出てきていますので、専門医に相談しながら、自分にあった治療法を根気よく見つけていくことが大切です。

前へ次へ 閉じる