脳卒中とは原因と症状脳出血脳梗塞予防と生活習慣
脳卒中とは…
がん、がん、心臓病とならぶ代表的な生活習慣病
動脈硬化などで血液の流れが悪くなり、脳内の血管や中枢神経が障害を受けると、突然手足が動かなくなったり意識がなくなる発作が起こります。これが脳卒中です。
治療技術の進歩により、年々死亡率は低下していますが、逆に脳卒中にかかる人の数は増加しています。高齢化が進んだり、食生活が欧米化することによって、動脈硬化の原因となる高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病が増えてきたことに原因があると思われます。

脳卒中は、以下の2つに大きくわけられます。

前へ次へ 閉じる