close
heightbar
CONTENTS

鼠径ヘルニアとは?

●鼠径ヘルニアの種類

鼠径ヘルニアの症状と
  注意点






鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアの種類

鼠径ヘルニアには、次の3つの種類があります。

☆外鼠径ヘルニア
鼠径ヘルニアでもっとも多いのがこのタイプです。
男の乳幼児に多く、右側に多く発生する傾向があります。乳幼児の外鼠径ヘルニアの大部分は先天的なもので、筒状の管に腹膜のさや状の構造が残っているために起こります。

☆内鼠径ヘルニア
中高年以降の男性に多いタイプです。筋膜の弱い部分がふくらんで、筒状の管の途中から直接に腹壁を貫通してはみ出します。加齢による筋力の低下が原因です。

☆大腿ヘルニア
中高年以上の女性に多いタイプのヘルニアです。大腿部の筋肉や腹膜が弱くなって、腹膜や腸がはみ出します。


※嵌頓(かんとん)タイプには要注意
膨らみを押して戻るなら大きな問題はありませんが、根元が筋肉で締められていて戻らない嵌頓(かんとん)状態になった場合は要注意です。
腸が嵌頓状態になると、強い痛みを感じるとともに、はみ出した腸には血液が流れないため腸が壊死してしまいます。敗血症や腹膜炎といった命にかかわる合併症を起こしかねないので、一刻も早く適切な治療を受けなければなりません。
3タイプの鼠径ヘルニアのうち、大腿ヘルニアはとくに嵌頓を起こしやすいといわれています。

 

 

 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.