close
heightbar
CONTENTS

VDT症候群とは?

●どんな症状が現れるのか?

●予防と対策





VDT症候群
予防と対策

VDT症候群の予防としてはパソコンなどでの作業をしないことですが、いまの時代、それは簡単なことではありません。

厚生労働省では、VDT作業をする人の心身の負担を軽減し、VDT作業を支障なく行うための「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を平成14年に策定。作業環境管理、作業管理、健康管理などに関して細かく基準を定めています。

以下にその予防と対策を簡単にまとめておきます。

◎作業環境

  • 室内は、著しい明暗の対照がなく、まぶしさを生じさせないようにする
  • 太陽光が入る場合は、窓にブラインドやカーテンを設ける
  • 反射防止型ディスプレイを用いる
  • ディスプレイの位置、前後の傾き、向きを調整してグレア(映り込み)を防止する

◎作業時間

  • 連続作業時間が1時間を超えないようにする
  • 連続作業と連続作業の間に、10〜15分の休止時間を設ける
  • 連続作業時間内に1〜2回程度の小休止を設ける

◎作業姿勢

  • 椅子に深く腰をかけてしっかり背もたれに当て、履き物の足裏全体が床に接した姿勢を基本とする
  • 40cm以上の視距離が確保できるようにする
  • ディスプレイは、その画面の上端が眼の高さとほぼ同じか、やや下になる高さにする
img
VDT症候群の予防は、作業環境を適切に整え、休憩をこまめに取ることで、かなりの効果が期待できます。


 
backnext

Copyright © Japan Medical Association. All rights reserved.