乳がん検診 乳がんとは

乳房の構造

乳房の構造

乳房は胸壁の上に位置し、皮膚、脂肪などの皮下組織、乳腺組織から成り立っています。乳腺は母乳をつくり、乳幼児への栄養や免疫機能を与えるための重要な組織です。
乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管(くだ)でつながっています。

乳がんとは

乳がんとは

乳がんの約90%は乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。小葉から発生する乳がんが約5~10%あり、小葉がんと呼ばれます。
乳がんは、小さいうちに見つけると、治る可能性の高い病気です。早期に見つかった場合、90%以上は治ります。乳がんが進行するとリンパ節や骨、肺、肝臓など、乳房以外の臓器にがん細胞が転移して、様々な症状をひきおこしたり、命を脅かしたりするようになります。
乳がんは男性にも発生します。男性の乳がんは、年間の死亡数で女性の乳がんの100分の1以下のまれながんです。

乳がんについて、詳しくはこちら

乳がんの罹患率と死亡数

乳がんの罹患率と死亡数

2014年には乳がんで13,240人が亡くなっています。 (2014年)
一生のうちにおよそ12人にひとりが乳がんと診断されています。

出典:人口動態統計2015年(厚生労働省大臣官房統計情報部編)