がん検診とは がん検診の種類はいくつかあります

対策型検診のがん検診には5種類あります 対策型検診

がん検診の種類 検診方法 対象年齢 検診間隔
胃がん検診 問診、胃X線検査
または胃内視鏡検査
50歳以上
※胃部X線検査は40歳以上に対し実施可
2年に1回
※胃部X線検査は毎年実施可
大腸がん検診 問診、便潜血検査 40歳以上 毎年
肺がん検診 質問(問診)、胸部X線検査、
必要に応じて喀痰細胞診
乳がん検診 問診、マンモグラフィと視触診 2年に1回
子宮頸がん検診 問診、視診、細胞診、内診 20歳以上

昭和57年度から、市区町村が主体となりがん検診を行っています。
当初は「胃がん検診」、「子宮頸がん検診」のみでしたが、その後、検診対象となるがんの種類が追加され、現在では「胃がん検診」「子宮頸がん検診」「肺がん検診」「乳がん検診」「大腸がん検診」の5種類が行われています。
市区町村で行うがん検診については、がん検診の専門家やがん医療の専門家などから構成される「がん検診事業の評価に関する委員会」において、きちんとしたデータをもとに、「対象となるがんの種類」「対象者の範囲」「検査方法」等の検討が行われ、その結果をもとに実施されています。

胃がん・大腸がん・肺がんは1年に1回、乳がんと子宮頸がんは2年に1回受けてください。日本人のがんによる死亡率第一位は肺がん、第二位は大腸がんです。いずれのがんも検診を受ければ早期発見が可能です。