健康の森
健康の森トップ

健康って?
健康になる!
食べる
住まい
身体と心
年齢・世代
赤ちゃんの健康
子どもの健康
妊婦さんの健康
働く人の健康
お年よりの健康
病気をチェック!
健康の森クイズ
ロボットくんのからだの旅
妊婦さんの健康
健康な赤ちゃんを産むためにはもちろん、母体の安全のためにも、妊婦さんの健康管理はとてもたいせつです。
ここでは、妊娠中の主な健康管理を見ていきましょう。

● 母子手帳の交付
母子手帳は妊娠から出産までの過程、予防接種の記録、そして子どもの成長を記録するものです。妊娠したことがわかったら、役所の窓口や保健センターで母子手帳を申請します。母子手帳と一緒に妊婦一般健康審査受診券が交付されます。

● 妊婦一般健康診査
妊娠前期と妊娠後期に1回ずつ、公費で妊婦一般健康診査を受けることができます。受診の際は、母子手帳と一緒に交付された妊婦一般健康診査受診券を医療機関の窓口に提出します。診査の内容は、診察、尿検査、血圧測定、血液検査、保健指導などです。この血液検査では、B型肝炎やエイズウイルスの検査を行います。
また、分娩予定日に35歳以上となる妊婦を対象に、妊娠後期の診査では超音波検査も行います。これは、胎児の発育状況をくわしく見るためです。

● 母親学級
各市町村の保健センターなどでは、主に初めてお母さんになる方を対象に母親学級を行っています。妊娠中の食生活、歯科検診、出産を体験した人の体験談、新生児の保育のしかたなどがカリキュラムに組まれています。
なお、「妊娠中は赤ちゃんにカルシウムをとられて歯が悪くなった」という人がいますが、そんなことはありません。つわりなどによる口腔内の不衛生や栄養の不均衡などが原因で、歯肉炎や歯槽膿漏などになりやすいからです。

● 妊娠中毒症の予防
妊娠中毒症は、妊娠20週以降に現われる高血圧、タンパク尿、浮腫のことで、場合によっては母親も赤ちゃんも非常に危険な状態になることがあります。できれば完全に予防したいところですが、残念ながら決定的な予防法や治療法はありません。次のような点を心がけ、できるだけ健全な妊娠生活を送るようにしましょう。
妊婦さん
  1. 十分な休養と睡眠をとる。
  2. 適度な運動を行なう(妊婦体操、散歩、妊婦水泳など)
  3. 読書や音楽などを利用して精神的な安定をはかる
  4. 食事療法(医師に相談のこと)

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.