健康の森
健康の森トップ

健康って?
健康になる!
食べる
住まい
身体と心
運動
ストレッチ
ストレス
リフレッシュ
タバコ
アルコール
世代・年齢
病気をチェック!
健康の森クイズ
ロボットくんのからだの旅
アルコール

お酒が健康によくないかと言えば、それは人によりけり、量によりけりです。過ぎた飲酒は、肝臓や胃腸の病気を起こしやすくします。

気をつけたいのは急性アルコール中毒で、短時間に許容量を超えるアルコールを飲むことで起こります。肝臓の中には「ALDH2」という酵素があって、二日酔いのむかつきや頭痛の原因となるアセトアルデヒドをおさえる働きがあります。逆に、「ALDH2」がよく働く人は、つい飲み過ぎてしまうことになるので、注意しましょう。

しかし、昔から「百薬の長」とも言われ、食欲を増進させたり、血行をよくする効果も持っています。最近でも、適量の飲酒は長生きの秘訣であるという研究報告があります。それによると、アルコールを適量飲んでいた人は、まったくお酒を飲まない人や大量に飲んでいた人に比べて、長生きしていたというものです。長生きの理由は、適度のアルコールで善玉コレステロールが増えて心筋梗塞や狭心症などの発病が抑えられ、ストレスを軽減する作用もあったためといいます。

アルコールさらに、最近話題になったポリフェノール。これは赤ワインなどに多く含まれ、血中のコレステロールを下げ、動脈硬化を予防する働きがあるといいます。ポリフェノールをとるために赤ワインで泥酔という笑い話もありますが、何事もほどほどに。

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.