健康の森
健康の森トップ

健康って?
健康になる!
食べる
栄養と健康
1日に必要なカロリー
3大栄要素
食品群
塩分と糖分
ビタミンの話
ミネラルの働き
生活習慣病と食事
糖尿病の食事
高血圧症の食事
痛風の食事
オーバーウエイト
適正体重
住まい
身体と心
世代・年齢
病気をチェック!
健康の森クイズ
ロボットくんのからだの旅
栄養と健康・ミネラルの働き

ミネラルとは、簡単にいえば岩や土に含まれる無機質成分です。私たちの身体の臓器や組織のいろいろな反応を円滑に働かせるために必要なものです。 こうしたミネラルは身体の中でつくり出すことはできないため、肉や魚、野菜、海藻などの食物からとりいれます。

●次の表は、主なミネラルの種類と、不足した場合の「欠乏症」、そしてそのミネラルを多く含む食品です。

種類 欠乏症 ミネラルを多く含む食品
Ca(カルシウム) 主に歯や骨をつくるもとになり、不足すると骨の発達が悪くなります。また、筋肉・神経・心臓が正常に機能するためにも必要です。 小魚類、牛乳、乳製品、ほうれん草、ヒジキ、ナッツ類
Zn(亜鉛) 消化、代謝、生殖などに関わる多くの酵素に必要です。不足すると、味覚、嗅覚、聴覚が低下したり免疫力が落ちます。 カキ(貝)、牛肉、卵、
ナッツ類
K(カリウム) 血圧の調節、心筋収縮の調整などの働きがあります。不足すると脱力感、疲労感、高血圧などの症状が出ます。 コンブ、ヒジキ、緑黄色野菜、ナッツ類
Fe(鉄) 赤血球のヘモグロビンの主成分です。不足すると貧血になります。 レバー・腎臓・心臓などの内臓、緑黄色野菜、ヒジキ、卵黄

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.