健康の森
健康の森トップ

健康って?
健康になる!
食べる
栄養と健康
1日に必要なカロリー
3大栄要素
食品群
塩分と糖分
ビタミンの話
ミネラルの働き
生活習慣病と食事
糖尿病の食事
高血圧症の食事
痛風の食事
オーバーウエイト
適正体重
住まい
身体と心
世代・年齢
病気をチェック!
健康の森クイズ
ロボットくんのからだの旅
生活習慣病と食事・痛風の食事

痛風の名は“風が吹いても痛い”からきたほど、激痛のある病気です。いまでは、痛風に有効な治療薬もありますが、他の生活習慣病と同じように大切なことは食事です。

(1) 摂取カロリーを制限する
まず気をつけることは摂取カロリーを制限することです。痛風になる人はカロリーオーバーの場合が多く、普段のカロリー過剰が痛風を起こしやすくします。1日に必要なカロリーは年齢、性別、身長、体重、毎日の生活状況によって違ってきますが、適正カロリーは、お医者さんに相談しましょう。

(2) バランスのよい食事を心がける
炭水化物、たんぱく質、脂質ビタミンミネラル、食物繊維の過不足がないように、食品をうまく組み合わせた食事をとります。

バランスのよい食事

(3) プリン体の多いもの はひかえる
たいていの食べ物にはプリン体が含まれていますが、特に多いものは食べ過ぎないほうがよいでしょう。

プリン体を多く含む食品には、レバー類、アン肝、エビ、干物、カツオ、イカ、干シイタケなどがあります。

(4) アルコールをひかえる
アルコールは痛風の症状を悪化させるので、なるべくひかえめに。とくにビールは痛風にはよくないとされています。
1日のめやすとしては

(5)水分を十分にとる
痛風は血中の尿酸値がカギになります。尿酸を体外にうまく排泄させるには、日頃から水分を十分にとるようにしましょう。とくに夏場での運動などは大量に水分を失いますから、水分補給を忘れずに。

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.