高血圧症のためのバランスのよい食事

主食: 主食は毎食とりましょう。麺類を主食にするときは、汁などに含まれる塩分量に気をつけて副菜を増やすなどの配慮をしましょう。
主菜: 毎食1品にし、肉より魚を多くします。 豆腐などの大豆製品も良質なたんぱく源なので積極的にとりましょう。
副菜: 緑黄色野菜やキノコ、海草類を適量とります。根菜や海藻に含まれる食物繊維は血圧上昇を抑制する働きがあります。
汁物: 塩分のとりすぎを防ぐため、具を多くしたり、ダシをきかせて塩分を少なくする工夫が大切です。
油類: 油を使う料理は高カロリーなので1日2品を限度とします。
高血圧症のためのバランスのよい食事
間食: ビタミン・ミネラルを補給するため、毎日、牛乳をコップ1杯、果物1個をとりましょう。
間食


閉じる

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.