健康の森
健康の森トップ

健康って?
健康になる!
食べる
冷暖房と換気
ハウスダストと害虫
シックハウス症候群って何?
お風呂の効用
睡眠の科学
身体と心
世代・年齢
病気をチェック!
健康の森クイズ
ロボットくんのからだの旅
ハウスダストと害虫

衣更えなどで押入れをゴソゴソしたとき、くしゃみや鼻水に悩まされたことはありませんか?

家の中には、人の身体から出るあか、フケ、髪の毛、ペットの毛、カビ、ダニの死がいやフンなど、目に見えないゴミがいっぱい。これをハウスダストといいます。喘息アトピ―性皮膚炎といったアレルギー症状の原因の一つといわれています。

ハウスダストを減らすには、まずこまめに掃除することです。ただ、掃除機は、せっかく吸い込んだホコリを排気で再びまき散らしてしまうので、換気には十分気をつかいましょう。(ただ、最近は排気を再びヘッド部分に送り込む排気カットの掃除機や、紙パックでは通り抜けていた微細なホコリを逃がさない水フィルター使用の掃除機など、いろいろな製品が登場しています。)

ダニの予防や駆除には、押入れに簀の子(すのこ)を置いて通風をよくしたり、畳の下にダニ用の防虫紙を敷いたり、殺虫剤を注入する方法があります。大がかりですが、年に一度くらい、畳を天日で乾燥させるのも効果的です。畳の上にカーペットを敷いている家を見かけますが、これはダニが増殖する原因になります。

布団に関しては、ダニは高温に弱いので天日干しや布団乾燥機がもっとも効果的です。乾燥したあとは、ダニの死がいやフンを掃除機で丹念に吸い取りましょう。


ダニは、温度20〜30℃、湿度60〜80%程度でよく繁殖します。ジメジメした梅雨から蒸し暑い夏は、ダニの繁殖に適した季節です。

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.