健康の森
健康の森トップ

健康って?
健康になる!
食べる
冷暖房と換気
ハウスダストと害虫
シックハウス症候群って何?
お風呂の効用
睡眠の科学
身体と心
世代・年齢
病気をチェック!
健康の森クイズ
ロボットくんのからだの旅
お風呂の効用

日本人はとてもお風呂好きといわれています。湯船にゆっくりつかって疲れをいやすときが、最高に幸せと感じる人も多いかもしれません。では、お風呂は身体にどういう効用があるのでしょうか。

●温熱作用
お湯で皮膚が温められると、血管が拡張して血流量が増加し、温められた血液が身体じゅうをめぐって全身が温まります。これは、手足だけの部分浴でも同じです。

●疲労回復
浴槽のお湯に沈んだ部分には、水圧がかかります。みぞおちまで浴槽につかる半身浴の場合、足の静脈から心臓へ戻る血液の量が増え、心臓からの血液量が増えます。そのため、全身の血行がよくなり、疲労回復が早まります。
半身浴

半身浴は心臓に負担をかけないという特長もあります。
首まですっぽりつかる全身浴は、
圧力で腹部が押されて横隔膜が持ち上がり、
心臓を圧迫しがちです。

●精神の緊張をほぐす
37〜39℃のぬるいお湯に10分以上、ゆっくり入ると、副交感神経が刺激されて精神の緊張がほぐれ、筋肉もゆるみます。 ただし、42℃以上の熱いお湯は、交感神経を刺激して心拍数が増え、血圧が上昇します。

入浴事故をふせぐには


日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.