家の中には、健康によくない化学物質がいっぱい!

シックハウス症候群の原因となる主な化学物質
シックハウス症候群の原因となる主な化学物質
シックハウス症候群が一般に知られるようになってから、ホルムアルデヒドなど有害物質の少ない建材も増えてきました。また、ホルムアルデヒドや各種悪臭物質を吸着する塗料や、ホルムアルデヒドを吸着して炭酸ガスと水に分解するボードなど、有害物質を吸着・分解する建材も開発されています。

シックハウス症候群を起こす物質はアルコールのように揮発する性質をもつため、部屋を高温にしてこれらの物質を強制的に揮発させる「ベイク・アウト」と呼ばれる方法も行われています。



閉じる

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.