●入浴事故をふせぐには

気持がよくて楽しいはずの入浴も、ときには脳卒中心筋梗塞などを引き起こすこともあります。とくにご年輩の方はお気をつけください。

・飲酒時の入浴は避ける
浴槽中で眠ってしまったり、転んでしまう危険性があります。

・食後すぐの入浴は避ける
満腹時の入浴は、胃が持ち上がって心臓を圧迫し、負担をかけます。また、血液が胃に集まらないので、食べたものの消化が悪くなります。

・熱いお風呂はなるべくやめる
熱いお風呂に入ると、直後に血圧が急上昇します。この血圧の変化が脳梗塞や心筋梗塞を起こす場合があります。42℃を超える熱いお風呂はなるべくやめましょう。


・入浴後には水分補給
入浴中は汗を多くかきます。また血流量が多くなり、血液がドロドロになってきます。入浴後はコップ1杯程度の水分をとるようにしましょう。

・浴室の暖房も大切
脱衣室や浴室の気温が低いと、服を脱いだとき血管は縮んで血圧が上がります。その後、浴槽につかると血圧は低下していきます。急激に血圧を変化させないために、脱衣室や浴室に暖房を入れられると理想的です。

・ 浴槽の出入りはゆっくり
入浴前に心臓に遠い場所からお湯をかけて毛細血管をゆっくり拡張させ、血圧の急上昇を防ぎます。また、浴槽から出るときは立ちくらみを起こしやすいので、浴槽のへりにつかまってゆっくりと立ち上がります。



閉じる

日本医師会ホームページCopyright © Japan Medical Association. All rights reserved.