PM2.5
前のページに戻る
「高病原性鳥インフルエンザ」って何?感染する経路は?どんな症状が起こる?感染を防ぐためには?

 

▶鳥から鳥へ

鳥インフルエンザウイルスを腸内にもつ野鳥が、ニワトリなどの家きんと接触したり、ふん尿などを介したりして鳥から鳥へ感染します。国内での発生は、渡り鳥によって国内に持ち込まれたウイルスが原因であると考えられています。

 

 

▶鳥から人へ

鳥インフルエンザウイルス(高病原性インフルエンザウイルスを含む)は、通常、人に感染することはありません。しかし、感染した鳥に密接に触れた場合など、きわめてまれに人に感染することがあります。鳥インフルエンザが人に感染した事例では、患者のほとんどが、感染した鳥またはその死骸、ふん尿、内臓、羽毛などと密接な接触があったとされています。密接な接触とは、感染した鳥の羽をむしったり、解体したり、長期にわたり世話をするなどの行為です。

 

高病原性鳥インフルエンザ 〇鳥から鳥、人への感染を示すイメージイラスト

 

 

 

▶人から人へ

鳥インフルエンザが人から人に感染することは、めったにありません。これまでの感染事例では、鳥インフルエンザに感染した人の看病などで長時間にわたって患者と接触のあった家族に限られています。

 

▶鶏肉や鶏卵を食べても大丈夫?

これまで、鶏肉や鶏卵を食べて人に感染したという事例はありません。鳥インフルエンザウイルスは加熱すれば感染力がなくなります。食品中にウイルスがあったとしても、食品全体が70℃以上になるような適切な加熱調理が行われていれば心配ありません。鶏肉であればピンク色の部分がなくなるまで、鶏卵であれば固まるまで調理してください。

 

 

 


「高病原性鳥インフルエンザ」って何?感染する経路は?どんな症状が起こる?感染を防ぐためには?