PM2.5
前のページに戻る
「高病原性鳥インフルエンザ」って何?感染する経路は?どんな症状が起こる?感染を防ぐためには?

 

▶身近な対策

鳥インフルエンザウイルスの感染を防ぐために、通常の季節性インフルエンザの予防法と同様に日頃から手洗い、うがいを励行し、外出時はマスクを着用しましょう。

 

▶野鳥との接触

死んだ野鳥などを発見した場合には、素手で触らないこと、不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとしないことが大切です。また、野鳥のふんが靴の裏などに付き、他の地域に運ばれないように、野鳥にはなるべく近づかないこと、近づいた場合や野鳥の排泄物などに触れた場合は、手をよく洗い、うがいをしましょう。同じ場所でたくさんの野鳥が死んでいたら、近くの都道府県または市町村役場に連絡してください。鳥インフルエンザウイルスは野鳥観察など通常の接し方では人に感染しないと考えられています。正しい情報に基づいて、冷静に行動しましょう。

 

〇死んだ鳥をさわろうとしている子供のイラスト

 

▶鳥を飼っている方へ

国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭などで飼っている鳥が感染することはありません。飼っている鳥が野鳥と接触しないように放し飼いをしないこと、野鳥が近くに来ないようにすること、口移しでエサをあげないことなどを心がけてください。

 

▶海外に行かれる方へ

鳥インフルエンザが発生している地域を訪れる場合は、養鶏場や生きている鳥を扱う市場などで鳥に接触したり、ふん尿を触ったり、羽をむしったりすることを避けましょう。また、鳥インフルエンザに感染している人と密接に接触しないように注意しましょう。帰国後に発熱・咳などの症状が現れた場合は、まず最寄りの保健所に電話で相談してください。

 


「高病原性鳥インフルエンザ」って何?感染する経路は?どんな症状が起こる?感染を防ぐためには?