前のページに戻る

もちろんマダニに咬まれないようにするしかありませんが、特にマダニが活発に活動する春から秋にかけて出かける際は注意してください。草むらや藪などマダニが多い場所に入る場合は、長袖、長ズボン、靴下、足を完全におおう靴を着用して、できるかぎり肌の露出を少なくしてください。これはこのSFTSだけでなく、もっと症例の多い、ダニなどが媒介する日本紅斑熱、つつが虫病などの予防のためにも有効です。


万一マダニが皮膚を咬んでいるのに気づいたときは自分で無理にはがさないようにしてください。マダニ類の多くは、ヒトや動物に取り付くと皮膚にしっかりと口器を突き刺し、長時間吸血します。無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残ってしまうことがあるので、なるべく早く医療機関で見てもらってください。