前のページに戻る

MERS(中東呼吸器症候群)は、2012年にサウジアラビアで初めて確認された、MERSコロナウイルスによる感染症です。

主に中東地域で発生が報告されてきましたが、ヨーロッパやアフリカ、アジア、北米など計25ヵ国でも発生しています。その感染者数は累計で1,357人※1このうち少なくとも486人※1が死亡しています。

※1:WHO(世界保健機関)発表2015年6月30日現在

最近では2015年5月以降に韓国で感染者が発生し、感染の拡大が注目されました。中東地域から帰国した男性が発熱などの症状で病院を受診したことが発端となり、病院内で感染が広がったものとみられています。一時は患者に接触した人たちなど5,000人以上が自宅や医療機関で隔離され、韓国での感染者数は死者33人を含めて計183人※2となっています。

※2: 韓国保健福祉部 2015年7月2日現在