PM2.5
前のページに戻る
PM2.5って何からだへの影響は?防ぐことはできるの?

最近になってテレビや新聞でよく耳にするコトバですが、このPM2.5っていったい何なのでしょう?私たちの暮らしにどんな影響があるのでしょうか? PM2.5を正確に定義すると、大気中に浮遊するごくごく微小な粒子ということになります。PMとはparticulate matterの略であって、PM2.5というのは直径が概ね2.5μm(マイクロメートル)(1μm=1mmの千分の1)以下の超微小粒子です。

つまり、目に見えないほどの小さな小さな粒子の単位であって、特定の物質をあらわすものではありません。このサイズを例えるなら、髪の毛の太さの30分の1程度でしかなく、あまりの超微粒子のせいで肺の奥深くにまでも入ってしまいます。ちなみに、PM2.5より以前にはSPM(10μm以下の粒子)という環境基準が定められていました。

 

その成分としては炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、アンモニウム塩のほか、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどの無機元素などが含まれます。原因となる物質としては、工場から出る煤煙や自動車の排気ガスなどのように物の燃焼などによって排出されるもの(人為起源)と、土壌や火山、黄砂など自然に由来するもの(自然起源)などさまざまです。これらの発生には、大気に排出された時点で既に微小粒子となっている一時生成と、排出された時は気体でも大気中で化学反応を起こして微小粒子化する二次生成があります。家庭においても、喫煙や調理、ストーブなどから発生します。また、季節的なものとしては、例年、冬から春にかけて濃度が上昇する傾向が見られます。




PM2.5って何からだへの影響は?防ぐことはできるの?