日本医師会 公益社団法人日本医師会は、全国の都道府県医師会の会員をもって組織されています。

新規ウィンドウでリンクします。

感染症関連情報

群馬県、長崎県で食中毒等発生【感染症・食中毒情報 No.3904(2016/12/08)】

2016.12.9

 本日12時現在における感染症・食中毒情報は以下のとおりです。

1.5類感染症発生状況

(1)和歌山県医師会からの情報提供

嘔吐・下痢症を呈した感染症の集団発生について

 12月5日に新宮市教育委員会から、新宮市内の小学校の複数の児童が嘔吐や下痢等を呈していると、新宮保健所に連絡があった。同保健所で調査したところ、11月28日から12月6日までに児童31名、職員1名が症状を訴えていることが判明した。

 県環境衛生研究センターで児童の便を検査したところ、5名中5名からノロウイルスが検出された。同保健所はノロウイルスによる感染症と判断し、二次感染予防対策を当該施設に対して指導した。

 なお、現在の有症者は2名である。

2.食中毒等発生状況

(1)群馬県医師会からの情報提供

吾妻郡内の旅館で発生した食中毒事件について

感染症名 感染性胃腸炎(5類感染症)

 12月1日午前11時頃、埼玉県在住者から「11月26日に群馬県吾妻郡内の旅館に宿泊したが、同行の複数名が嘔吐、下痢、発熱等の食中毒症状を呈している。」旨の連絡が吾妻保健福祉事務所(保健所)にあった。

 同事務所が調査したところ、同月26日及び27日に当該旅館に宿泊した4

 5グループ161名中13グループ25名が同様の食中毒様症状を呈していることが確認された。有症者の共通食はこの旅館で提供された食事のみであること、調理従事者及び有症者の便からノロウイルスが検出されたこと、有症者の症状がノロウイルスによる症状と同一であること及び診察した医師から食中毒届が提出されたことから、同事務所ではこの旅館が提供した食事を原因とする食中毒事件と断定した。

 なお、有症者は全員快方に向かっている。

発生日
 11月27日午後3時頃(初発)

有症者(調査中)
 喫食者161名中の25名(受診14名、うち入院者なし)

症 状
 嘔吐、下痢、発熱等

原因物質
 ノロウイルス

原因食品(推定)
 吾妻郡内の旅館で提供した食事

施設の措置
 営業停止3日間(12月7日から9日まで)
なお、当該施設は12月2日から調理事業を自粛している

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

(2)長崎県医師会からの情報提供

 12月1日午前11時頃、会食参加者から北松浦郡佐々町内にある飲食店で会食したグループ47名中複数名が、下痢、腹痛、発熱等の症状を呈し医療機関を受診している旨の通報が県北保健所にあり、同保健所は調査を行ったところ、原因施設は当該飲食店と断定し行政処分を行った。

 患者らは11月21日から29日にかけ、6日間で6グループに分かれ、北松浦郡佐々町内の飲食店で会食した計47名のグループで、うち15名が11月23日午後0時頃から30日午後1時頃にかけて下痢、腹痛、発熱等を呈し、11月25日から12月2日にかけ医療機関を受診した。

 県北保健所による調査の結果、患者らに共通する食事はこの飲食店以外になく、検便検査で患者からカンピロバクターを検出したこと、発症までの時間と症状がカンピロバクター食中毒の症状と一致することなどの疫学調査結果から、同保健所は当該飲食店を原因施設とする食中毒と断定し行政処分を行った。

原因施設
 北松浦郡佐々町内の飲食店

原因食品
 11月21日~23日、26日、27日、29日に当該飲食店で提供された食事

病因物質
 カンピロバクター

処分内容
 営業停止2日間(12月6日から7日まで)
なお、当該飲食店は12月5日から営業を自粛している

症状
 下痢、腹痛、発熱等

摂食者
 47名

有症者
 15名(うち受診者8名)
重症者はなく全員快方に向かっている