日本医師会 公益社団法人日本医師会は、全国の都道府県医師会の会員をもって組織されています。

新規ウィンドウでリンクします。

感染症関連情報

和歌山県でノロウイルスによる感染症集団発生【感染症・食中毒情報 No.3909(2016/12/19)】

2016.12.20

 本日12時現在における感染症・食中毒情報は以下のとおりです。

1.5類感染症発生状況

(1)和歌山県医師会からの情報提供

 嘔吐・下痢症を呈した感染症の集団発生について

1)西牟婁郡内の幼稚園

12月12日に西牟婁郡内の幼稚園から、複数の園児が嘔吐や下痢を呈していると、田辺保健所に連絡があった。同保健所で調査したところ、12月5日から16日までに園児51名、職員2名が症状を訴えていることが判明した。
県環境衛生研究センターで園児と職員の便を検査したところ、2名中2名からノロウイルスが検出された。同保健所はノロウイルスによる感染症と判断し、二次感染予防対策を当該施設に対して指導した。
なお、現在の有症者は8名である。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2)橋本市内の小学校

12月15日に橋本市内の小学校から、複数の児童が嘔吐や下痢を呈していると、橋本保健所に連絡があった。同保健所で調査したところ、12月12日から16日までに児童38名、職員1名が症状を訴えていることが判明した。
県環境衛生研究センターで児童と職員の便を検査したところ、2名中1名からノロウイルスが検出された。同保健所はノロウイルスによる感染症と判断し、二次感染予防対策を当該施設に対して指導した。
なお、現在の有症者はいない。