日本医師会 公益社団法人日本医師会は、全国の都道府県医師会の会員をもって組織されています。

新規ウィンドウでリンクします。

感染症関連情報

大分県で腸管出血性大腸菌感染症(O146)患者発生【感染症・食中毒情報 No.3921(2017/1/30)】

2017.1.30

 本日12時現在における感染症・食中毒情報は以下のとおりです。

1.3類感染症発生状況

(1)大分県医師会からの情報提供

腸管出血性大腸菌感染症(O146)患者の発生について

1月26日、臼杵市内の医療機関から中部保健所に腸管出血性大腸菌感染症(O146)患者発生の届出があった。

病原体 腸管出血性大腸菌(O146 ベロ毒素陽性)
患者 臼杵市在住の生徒(男性)
主な症状 腹痛、水様性下痢、おう吐

経過
1月17日 腹痛、水様性下痢、おう吐症状のため医療機関を受診
  26日 腸管出血性大腸菌感染症の届出
26日現在すでに回復している

対応
中部保健所は、家族に対して健康調査及び検便を行うとともに、感染源調査を行っている。

2.5類感染症発生状況

(1)北海道医師会からの情報提供

 感染性胃腸炎患者等の発生について

1)千歳保健所管内

千歳保健所管内の社会福祉施設の入所者13名、職員3名が、1月20日から23日にかけて、おう吐、発熱、下痢、腹痛などの症状を呈し、うち12名が医療機関を受診し、治療を受けた。(入院した者はいない。)

経過
1月20日~23日 おう吐、発熱、下痢などの有症者発生
23日 社会福祉施設から保健所に通報
23日~26日 医療機関及び保健所において有症者のうち4名の便を検査した結果、全員からノロウイルスを確認
27日現在、症状は回復もしくは快方に向かっている。
感染経路 調査中

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2)留萌保健所管内

留萌保健所管内の保育所の園児24名及び職員3名が、1月24日から26日にかけて、おう吐、下痢、発熱などの症状を呈し、うち11名が医療機関を受診し、治療を受けた。(入院した者はいない。)

経過
1月24日~26日 おう吐、下痢、発熱などの有症者発生
医療機関において有症者のうち2名の便を検査した結果、1名からノロウイルスを確認
25日 保育所から保健所に通報
27日現在、症状は回復もしくは快方に向かっている。
感染経路 調査中

3.食中毒等発生状況

(1)長崎県医師会からの情報提供

食中毒事件の発生について

1月23日午前11時50分頃、長崎市内の医療機関から、学生寮の寮生8名が胃腸炎症状を呈し受診したとの連絡が西彼保健所にあった。
患者らは大学の寮生22名と寮母1名の計23名で、1月22日午前2時30分頃から24日午前3時30分頃にかけて、嘔吐、下痢を主徴とする症状を呈し、うち10名が医療機関を受診した。
西彼保健所による調査の結果、患者らの共通食は学生寮内の給食のみで、当該給食を利用していない寮生からは患者がいないこと、検便検査の結果、患者及び調理従事者からノロウイルスを検出したこと、また、発症までの時間と症状が、ノロウイルス食中毒の特徴と一致することから、同保健所は当該給食施設が提供した食事を原因とする食中毒と断定し、行政処分を行った。

原因施設 西彼杵郡内の学生寮内レストラン
原因食品 1月20日から22日に当該給食施設が提供した食事
原因物質 ノロウイルス
処分内容 2日間(1/26、27)の営業停止
なお、当該施設は24日夕方から食事の提供を自粛している
症状 嘔吐、下痢、腹痛等
発病年月日 1月22日午前2時30分頃(初発)
1月24日午前3時30分頃(終発)
摂食者数 53名
有症者数 23名(うち病院受診者数:10名(入院者なし))
なお、有症者は全員快方に向かっている

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


(2)北海道医師会からの情報提供

江差保健所管内における食中毒の発生について

1月24日午後4時30分頃、檜山郡江差町内の医療機関から、胃腸炎症状を呈した患者4名が受診した旨、江差保健所あて連絡があった。
檜山郡江差町内の事業所で製造したパンを喫食した5団体等58名が、23日午後2時30分頃から、嘔吐、下痢、腹痛等の食中毒様症状を呈し、うち45名が医療機関を受診した。 江差保健所の調査の結果、有症者及び従事者の便からノロウイルスが検出されたこと、有症者の共通食は当該施設が製造したパンに限られることなどから、同保健所は、当該パンを原因とするノロウイルスによる食中毒と断定した。

発生日時(初発) 1月23日午後2時30分頃 有症者数 58名(入院0名、通院45名) ※有症者は、概ね快方に向かっている。 症状 嘔吐、下痢、腹痛等 病因物質 ノロウイルス ※道立衛生研究所等において、有症者8名及び従事者7名の便を検査した結果、有症者8名及び従事者2名から同じ遺伝子型のノロウイルスが検出された。 原因食品 檜山郡江差町内の事業所が製造したパン ※パンの種類:食パン、メロンパン、ソーセージロール等の約60種類

対応
江差保健所は、食品衛生法第55条第1項に基づき、営業者に対し、1月28日から2月1日までの5日間、当該施設の営業停止を命ずるとともに、施設設備及び器具等の清掃・消毒の徹底、従事者に対する衛生教育の実施を指示した。