おなかの赤ちゃんが成長するとともに、おかあさんの体重は増えていきます。

でも、太りすぎには十分気をつけましょう。出産時の理想的な体重増加量は7〜10kgと言われています。
体重が急激に増加すると、さまざまなトラブルを引き起こす可能性が高くなります。たとえば、高血圧や尿タンパクなどの症状が起きやすいため、妊娠中毒症にかかりやすくなります。また、お産が重くなってしまう場合も…。太りすぎないように体重をコントロールするのは、とても大切なことなのです。
出産のときに適正とされている体重は、妊娠する前の体重プラス8〜9kg(標準体形の人)、10〜12kg(やせ形の人)、約7kg(ふくよかな人)。まずは、以前の自分の体形や肥満度をBMIで調べてみましょう。

BMIは、体の脂肪量をあらわす数値で、計算式は「体重÷(身長m×身長m)」。BMIが22前後なら標準体重。これをめやすに目標体重を決め、週に1回は体重を計ってチェックしましょう。1週間に500g以上増やさないことが大切です。
キッズクラブへ