日医ホーム心に残る医療 >>サイトマップ  

<優秀賞>
「ネジのんじゃった」
田島 佐記(8) 埼玉県川口市・小学2年生

 一才の時から中耳炎で通っている耳鼻科のK先生。虫ばや子どものはのしょちをしてくれるは医者のO先生。今年の四月、ひふ科のU先生には「水いぼ」をおもいっきりむしりとられてしまいました。かぜをひいた時やおなかがいたくなった時は、N小児科のK先生。いたい予防注しゃやけんこうしんだんでもお世話になっています。

 家の近くのA小児科にも行っていました。A先生はとてもコワイ先生だったけれど、二年ぐらい前にびょう気でなくなってしまいました。「佐記!今日はどうした!また食べすぎたか。くすりちゃんとのむんだぞ!」と言う声はもう聞けません。テレビで小児科の先生の数が少ないという話を聞いたことがあったので、A先生がなくなったことをしった時は、また小児科の先生が一人へってしまい、大へんなことになったと思いました。

 今、小学校二年生ですが、こうして考えてみると何人ものお医者さんに助けられ、お世話になっているんだなと思います。五才の妹がいますが、妹は今まであまりお医者さんに行ったことがありません。中耳炎じゃないし、虫ばも一本もない。水いぼもうつらなかったし、ふだんあまりかぜもひきません。私ばっかりどうしてかな。本当にずるい。あんな大じけんをおこしてしまったのもこの私でした。そのじけんとは、「ネジのんじゃったじけん」。

 平成九年十一月七日、私が二才九か月の時だそうです。そのころパパは仕ごとで山なしに住んでいて、ママとおばあちゃんと生まれて五か月の妹と私の四人で、川口の家に住んでいました。ママは妹を生んで会社を休んでいたそうです。

 朝ごはんを食べてママもおばあちゃんもまだいそがしくしていた時に、私が二センチ五ミリぐらいのネジをもっていたのをおばあちゃんが見つけてちゅういしたけれど、言うことを聞かずピョンピョンにげまわっていたそうです。しばらくしてママのところに走ってきて、「ネジのんじゃった。おのどいたかった」と言ったそうです。ママはとつぜん何ごとかと思ったそうですが、「あのころの佐記ちゃんは、もうお話が上手に出来ていたので、これはただごとではないと思ったわ」とママはその時のことを話してくれました。

 パパは遠くに住んでいるし、大へんなことになりました。いそいでK市立いりょうセンターに行き、外科の先生にお話ししましたが、元気でニコニコしている私を見て、先生も本当にそんな大きなネジをのんだのかしんじられないようで、レントゲンをとることになりました。何もしらないレントゲンの先生は、せぼねと一しょにうつったネジを見て、「こっせつをネジでとめたの?ちゃんとうつってるよ。小さいのにがんばったね。元気になってよかったね」とわらいながら言いました。のんだネジだとしって「ギョッ!」としていました。本当にのんでいたことがわかりました。

 外科ぶ長のY先生のせつ明の後、内しきょうをつかって手じゅつすることになりました。「ネジが、いの中にあるうちはきかいでつまみ出せますが、ちょうにおちてしまったらおなかを切ります。いいですね」と言われてビックリ。パパをまっている時間もなく、手じゅつがはじまりました。四時間もかかりました。いの中の食べものがネジにベットリくっついていて、なかなかとれなかったそうです。

 目がさめたらベッドの上で、点てきやおしっこのくだでつながれてうごけません。みんなが私を見ています。「あれ、ここはどこ? 今、私は何をしているんだろう。何でベッドの上にいるの」と思いました。山なしにいるはずのパパもいるのでビックリしました。のんだネジをとり出したことをしりました。食道やいにキズが出来ているといけないので、ようすを見るため何日か入いんし、ぶじ家に帰ることが出来ました。

 もし先生がネジをのんだことをしんじてくれなかったらとか、レントゲンをとってくれなかったらと考えるだけでこわくなります。二センチ五ミリのネジは大きすぎて、おしりからはとても出せません。たくさんの先生やかんごしさんが、「いたずらっ子」のいのちをすくって下さいました。ママやおばあちゃんの言うことを聞かなかったわるい子なのに、みんなはやさしくして下さいました。

 「もうネジやおもちゃをのんじゃダメよ、佐記ちゃん!」と、たいいんの時かんごしさんにやさしく言われてからは、おもちゃや小さなものを口に入れたりしなくなりました。びょう気やケガをなおすだけじゃなく、「わるい子」を「よい子」にかえちゃう、お医者さんやかんごしさんの力って本当にスゴイなぁと思いました。


BACK >>>

  日本医師会ホームページhttp://www.med.or.jp/
Copyright (C) Japan Medical Association.
All rights reserved.