日医ホーム心に残る医療 >>サイトマップ  


小学生の部
<最優秀賞>
「おばあちゃんのこと」
松田 永遠(10歳)兵庫県神戸市・小学4年


 おばあちゃんのたいいんが決まりました。

 おばあちゃんが元気になって帰って来るわけではありません。おばあちゃんの部屋は病室みたいで、きかいで部屋はうもれていました。

 電動ベッド、さんそのきかい、きゅう入のきかいなど、ガーゼやほうたい、薬もありました。流どう食のセットです。色々な味の流どう食です。その味は、レモン、コーヒー、メロン、いちごの味があります。

 どうにょうセットというものも、あります。おかあさんとおねえちゃん(おかあさんのいもうと)は、色々なきかいが使えるようになりました。そして、

 おばあちゃんが帰ってきました。
 おばあちゃんは動けません。
 おばあちゃんは、話すことができません。
 おばあちゃんは、口から食べることができません。

 でも家に帰ったら、おばあちゃんが笑っていました。病院より家がいい!という気持ちが伝わって、とてもうれしかったです。

 そして、おかあさんたちは、かんごしさんみたいになって、おばあちゃんのお世話をがんばっていました。

 いつもおばあちゃんちに、かんごしさんやヘルパーさんや、お医者さんまで!来てくれています。かんごしさんは、毎日来てくれました。それ以外にもお医者さんやかんごしさんは、何かあったらすぐに来てくれました。

 でもわたしも手伝いました。流どう食のスピードをおとしたり早くしたりしました。

 ほかにも、さんそマスクがずれたら、はずしたりしました。

 手ぶくろをはめて、はいせつや、はいべんのお手伝いをしました。ちっともきたないとは思いませんでした。わたしは、少しでもきれいにしたいなと思いました。だって、きもちわるくても、おばあちゃんは何も言えないからです。

 でも、一つだけ、お手伝いができなかったことがあります。お医者さんも、かんごしさんも、「向こうのお部屋に行っててね」と言われます。

「おわったよ」と言われ、もどってみると、おばあちゃんの足に、きれいなほうたいがまかれていました。でもその中身は知りません。あとでおかあさんにききました。

 おばあちゃんのひざからしたは、くさってしまっていたそうです。

 お医者さんが、くさったところから、体にきんが回らないように、少しずつ、切りとって、かんごしさんが毎日あらって、消毒して、きれいなほうたいで足をまいてくれていたそうです。あまりにもかわいそうなすがたを、大人たちは、子どものわたしに見せたくなかったようです。

 たくさんの人が、おばあちゃんを助けようとしてくれました。一番しんどかったのは、おばあちゃんのはずなのに、一生けんめい、生きようとしてくれました。

 どんなすがたでも、わたしは、おばあちゃんが大すきでした。でも、おばあちゃんは、神様のところへ行ってしまいました。

 神様のところでは、いっぱいおいしいごはんを食べて、いっぱいおしゃべりをして、大すきなうたをうたって、自分の足で歩いて、自分でトイレへ行けてるかな。


  日本医師会ホームページ
http://www.med.or.jp/
Copyright (C) Japan Medical Association.
All rights reserved.