Home体のコラム>右利きと左利きの話

体のコラムインデックス
左利きと右利きの話
つむじの話
土踏まずの話
眉の話
心臓の話
爪の話
舌の話
へその話
体のコラム

右利きと左利きの話

メインイラスト 私たちはふだん、当たり前のように右手で文字を書いたり、お箸を持ったりしています。
でも、まわりを見渡してみてください。必ず1人か2人は、左利きの人がいるはずです。
世の中にはなぜ、「右利き」と「左利き」の人がいるのでしょう?

原始時代の昔より、人類の90%は右利きで、残る10%が左利きといわれます。
人間がなぜ右手を「利き手」として使うようになったかについては、さまざまな説があります。「人の心臓は左にあるため、相手を攻撃する剣は右手に持ち、自分を守る盾は左手に持つから」という攻撃・防御説をはじめ、「世の中には右利きのための道具があふれているので、自然に右を使うようになる」という環境説、「親や祖父母、曾祖父母などの遺伝による」という遺伝説もあります。

サブイラスト1最も有力なのは、「右脳、左脳、どちらが体の動きをコントロールしているかによる」という「優位脳」説。 右脳は直感やひらめきをつかさどる「感覚脳」と呼ばれ、左脳は記憶や言語認識をつかさどる「論理脳」と呼ばれます。
右脳から出た命令は延髄で交差し、左半身の筋肉に運動を起こさせ、逆に、左脳から出た命令は右半身の筋肉に直結するので、「右脳が優位な人は左利き、左脳が優位な人は右利きになる」とされています。

サブイラスト1ではここで、あなたの腕を組んでみてください。どちらの腕が上になりますか? 右腕が上に来る人は左脳の働きが優位で、左腕が上になった人は右脳の働きが優位にあるといわれます。
今度は、両手の指を組んでみましょう。右手、左手、どちらの親指が上に来ていますか? 右手の親指が上に来ているなら右利きの可能性が強く、左手の親指が上なら左利きの可能性が強いのです。
「右腕が上だけど、親指は左が上になった」「左腕が下だけど、親指は右が上」という人は、左右の脳をバランスよく使っている人。

一昔前は、「人と違うから」と左利きを矯正されるケースもありましたが、最近では「その子の個性」と、そのままにしておくケースが増えています。右手でも左手でも、「本人が使いやすいほうを使うのが一番」といえそうです。


▲体のコラムくらしの小径ホーム