Home大人流・食を楽しむ食の四方山話>乾杯

大人流・食を楽しむインデックス
食の四方山話
旬の食材
お食事拝見・あの国この国
大人流・食を楽しむ〜食の四方山話

乾杯

メインイラスト 嬉しい宴、みんなでグラスを合わせ「まずは乾杯!」。
席がぐっと華やぎ会話が弾み出します。この世界共通の風習はいつ、どのように生まれたのでしょう。

乾杯の起こりはとても古く、紀元前のギリシャですでに行われていたとか。そしてその由来には、たくさんの説があります。
グラスをあわせる乾杯の音が、悪魔を追い払うためであるという説、古代の神や死者のために神酒を飲んだ方法が起源であるという説などは、宗教的儀式と関係がありそうです。
また、敵の杯に毒を入れるなどということが行われていた時代、毒殺を防ぐ目的で生まれたという説もあります。杯に毒が入っていないか確かめるため、杯の中身をそれぞれに注ぎ返していたことが儀式化したものであるというのです。
このように、実にさまざまな説があり一概には言えませんが、お酒の歴史と切っても切れない関係にあることには変わりありません。
いずれにしても、乾杯は日本生まれの風習ではないようです。日本では明治時代も後期になって、西洋文化とともに伝わり、その普及に伴い一般化したとされています。

さて、乾杯のかけ声は、もちろん国によって変わります。日本語の「かんぱい」に一番近い言葉として有名なのは、中国語の「かんぺい」でしょう。漢字も同じく「乾杯(簡体字では干杯)」と書きます。
サブイラスト ところが、日本では宴の始まりの合図のような乾杯も、中国では、お酒の席で「カンペイ」と言われたら、文字どおり杯が空になるまで全部飲み干さなければならないのです。「全部飲み干しては、酔っぱらってしまう!」と心配はご無用。「随意(スイイー)!」と言えば飲み干す必要はなく、適量飲めばよいようです。
ちなみに、乾杯のグラスをあわせる際は、目下のものは目上のもののグラスの口部分ではなく、グラスの中程に当てなければならないのは、日本も中国も同じですね。

どの国にも共通して言えるのは、乾杯には、「健康を祝して」の意味や願いが込められているということでしょうか。
元気な「かんぱーい!」のかけ声で、お酒は明るく楽しく、そして健康的に味わいたいものです。


▲大人流・食を楽しむくらしの小径ホーム