Home大人流・食を楽しむ食の四方山話>鰻だけじゃない、土用の丑

大人流・食を楽しむインデックス
食の四方山話
旬の食材
お食事拝見・あの国この国
大人流・食を楽しむ〜食の四方山話

鰻だけじゃない、土用の丑

日本の夏は高温多湿で、「夏バテ」という言葉があるように体力を消耗する季節です。
精のつくものを食べて乗り切りたい……鰻はその代表格として『万葉集』の大伴家持の歌にも登場します。

   石麿(いわまろ)に われ物申す 夏痩に
        よしといふ物そ 鰻(むなぎ)取り食(め)せ

家持は、痩せこけた石麿という人に「むなぎ」、つまり鰻を勧めているのです。

メインイラスト「土用の丑の日」に鰻を食べるようになったのは、江戸後期になってからのことです。平賀源内が鰻屋の商売繁盛の手助けとして「本日丑の日」と書き、それがきっかけとなったという説など、始まりについては諸説あります。
そもそも土用とは、雑節のひとつで、立春、立夏、立秋、立冬が訪れるまでのそれぞれ十八日間のことを指します。ですから、土用は本来、一年に四回あるのです。中でも立秋前の「夏の土用」が特に取り上げられるのは、やはり、酷暑の時期であり、なにかと体調に気を配らなくてはならないからでしょう。

また、丑の日の「丑」は、ご存知のように十二支のひとつです。当時十二支は、 年月日、時刻、方角を表す際にも用いられ、「丑の日」も他の干支の日と同様に十二日毎に定められていました。
「丑の日は災難を受けやすい日」という言い伝えがあり、夏負けや食当たりの心配がある夏の土用の丑の日は、ことさら注意が必要と思われたのかもしれません。

この夏負け対策として、鰻ばかりが重宝されてきたわけではありません。
丑の方角の守護神が〔玄武〕という名の黒い神だったので、黒いものを食べる風習もありました。鰻をはじめ、ドジョウ、黒鯛、ナスなど黒いものを食べる……ある種、おまじないのようなものですね。

旬の言葉にも「土用鰻」と並んで「土用蜆(しじみ)」「土用餅」という言葉が残っています。蜆も夏の体力増進に一役買っていたのでしょう。土用餅は、草餅・笹餅、あんころ餅、安倍川餅などその土地ならではの餅が、体力増進に、夏の厄除けにと食されてきました。いまでもこの風習が残っている地域があるようです。
さらに、「う」のつく食べ物も夏負けしないといわれ、鰻のほか、瓜、梅、うどんなどを食べる慣わしもあったとか。
いずれにしろ、冷房のない時代に暑さを乗り切るため、様々な知恵を絞ってきたことがうかがえます。
私たちも先人の知恵に倣って、体調には十分注意をし元気に夏を乗り切りたいものです。


▲大人流・食を楽しむくらしの小径ホーム