Home休日の過ごし方体を動かす>目覚めのスッキリ体操

休日の過ごし方インデックス
体を動かす
のんびり過ごす
外に出かける
趣味を楽しむ

筋肉や筋などに痛みや違和感のある方は、運動の前に必ずかかりつけの医師に相談してください。

休日の過ごし方〜体を動かす

目覚めのスッキリ体操

メインイラスト 毎朝、気持ちよくスッキリと起きたい! だけど、睡眠時間や、起きるタイミング、体調、お天気などの影響で、いつも爽やかというわけにはなかなかいかないものです。
そこで、眠い、だるい、つらい‥‥というネガティブな気分を引きずらず、一日を爽快にスタートするために、目覚めのスッキリ体操をご紹介します。

「朝の忙しいときに体操なんてしていられない!」と思われるかもしれませんが、目覚めのスッキリ体操はちょっとしたストレッチですので、費やす時間はほんの2、3分。目が覚めてから起き上がるまでのわずかな時間、パジャマのまま、布団やベッドに横になったままで、のびをしたり、足先を回したり、体を軽くねじったりするだけなのです。

目覚めた直後は、体全体の機能が低下していて、脳と筋肉がうまく連動できない状態にあります。急に起き上がって動き出すと、つまずいたりぶつかったり、寝ぼけたことをしてしまうことがあるのはそのせいです。
ですから、目が覚めたら、まずはゆっくりと手足を伸ばしましょう。そうすれば、「これから動き始めるぞ」という信号が脳に伝えられ、体を活発に動かす準備ができていくというわけです。

たいせつなのは、「健康にいいからやろう」などと気持ちを奮い立たせるのではなく、ゆっくりと呼吸をしながら、できるだけリラックスしてすることです。これからの朝の慌ただしさや、今日一日の予定などはなるべく考えずに、体に意識を集中するようにします。
「これから動くよ」と心の中で体に声かけしたり、伸ばした手足に血液が活発にめぐるのをイメージしたりすると楽にできます。

なにはともあれ何日か続けてみれば、気持ちのよさがわかります。
まずは休日の朝にやってみて、コツをつかんでしまいましょう。そうすれば、慌ただしいウィークデーの朝だって、目覚めのスッキリ体操で一日を快適に始められることでしょう。

目覚めのスッキリ体操

▲休日の過ごし方くらしの小径ホーム