Home休日の過ごし方体を動かす>踏む力を鍛えよう

休日の過ごし方インデックス
体を動かす
のんびり過ごす
外に出かける
趣味を楽しむ

筋肉や筋などに痛みや違和感のある方は、運動の前に必ずかかりつけの医師に相談してください。

休日の過ごし方〜体を動かす

踏む力を鍛えよう

メインイラスト 普段はあまり意識しませんが、足の裏にも筋肉があります。
ほとんど人目に触れることのない地味な存在ですが、立ったり歩いたりするときに、地面をしっかりと踏みしめてバランスを取るために、なくてはならない大切な筋肉です。

そしてやはり筋肉である以上、腹筋や背筋と同じように、年齢を重ねるごとに衰えることは避けられません。
足裏の筋肉は、アーチ形になっている土踏まず(→土踏まずの話)を支えています。筋肉が衰えてアーチが下がってしまうと、立った姿勢で体重を支えづらくなり、ひいては脚や腰の痛みを引き起こすこともあります。
また、アーチが下がって足裏の血管が圧迫されてくると、全身の血行が悪くなり、冷え症や肩凝りの原因にもなってきます。

足裏の筋肉を衰えさせないためには、まずは日頃からよく歩くことです。(→健康は足元から
歩くときは、かかとから着地して、地面を意識的に踏みしめ、しっかりとつま先でけるようにします。
それに加えて、簡単な背伸びのエクササイズを取り入れれば、足裏の筋肉はもちろん、ふくらはぎの筋肉も鍛えられます。

筋力を維持するには、難しい筋力トレーニングをときどきやるよりも、気軽にできる単純な運動を日々継続することが大切です。
どこでもすぐにできる簡単な足裏エクササイズも、日常生活の休憩や気分転換に取り入れてみてはいかがでしょうか。

立ち姿を美しくするチェックポイント
注意マーク

筋肉や筋などに痛みや違和感のある方は運動をする前にかかりつけの医師に相談してください。


前のテーマへ 前のテーマへ 次のテーマへ 次のテーマへ

▲休日の過ごし方くらしの小径ホーム