Home心地よく住まう空間>夏の日よけ対策〜日射は外で遮る〜

心地よく住まう空間インデックス
珪藻土〜やさしい壁に住まう〜
照明について〜明るく住まう〜
換気のコツ〜新鮮な風を入れる〜
炭の魅力〜自然のフィルターを活用する〜
夏の日よけ対策〜日射は外で遮る〜
窓をきれいに
我が家のトイレを快適に
一輪の花を飾りましょう
住まいのにおい、気をつけて!
心地よく住まう空間

夏の日よけ対策 〜日射は外で遮る〜

メインイラスト 少しでも「暑い!」と感じると、すぐにクーラーをつけてはいませんか?
スイッチを入れるだけで室温をグンと下げてくれるクーラーは重宝ですが、健康のためにも、地球環境のためにも、できるだけ使わずに、あるいは使うとしても最小限に押さえる工夫をしてみましょう。
言うまでもなく、室温を上げる最大の原因は日差しです。窓からダイレクトに入ってくる日差しを減らせば、室温の上昇をかなり抑えることができるのです。

すでに遮光・遮熱の性能を備えたカーテンやロールスクリーンを活用していらっしゃる方は少なくないかもしれません。
そしてさらに遮光・遮熱の効率がよいのは、窓の外側での日よけです。 “よしず”や“洋風シェード”を立てかけたり、窓の上部にフックなどを取り付けて“すだれ”をつり下げたりすると、日射が遮られるのと同時に、窓面や壁面と日よけに挟まれた空間が熱の緩衝地帯となり、戸外より3〜5°Cほど低い室温を保てるのです。南側だけでなく、日当たりに応じて西側と東側にも日よけを設置しておけば、猛暑の外から帰ってきた時には少し冷んやりと感じられるくらいになることでしょう。

窓の外側にアサガオ、ヘチマ、アイビーなどを植え、支柱やワイヤーにからませて“緑のカーテン”にするのも効果的です。
植物は水を根から吸い上げて葉から蒸散するため、人工の日よけのように熱くならないうえに、気温を下げる働きもあるからです。見た目にも、風に揺れる葉は涼やかです。
ツタ類は、壁や柱に直接はわせると建物を劣化させることもあるので、支柱やワイヤーなどを上手に活用することをおすすめします。

また、ゆるやかな風を感じるだけで体感温度は下がります。日差しを遮ったうえで、風通しをよくしたり、扇風機を活用したりすれば、クーラーを使わずに気持ちよく「涼」を取れるのです。電気代節約のオマケも楽しみですね。


▲心地よく住まう空間くらしの小径ホーム