Home心地よく住まう空間>我が家のトイレを快適に

心地よく住まう空間インデックス
珪藻土〜やさしい壁に住まう〜
照明について〜明るく住まう〜
換気のコツ〜新鮮な風を入れる〜
炭の魅力〜自然のフィルターを活用する〜
夏の日よけ対策〜日射は外で遮る〜
窓をきれいに
我が家のトイレを快適に
一輪の花を飾りましょう
住まいのにおい、気をつけて!
心地よく住まう空間

我が家のトイレを快適に

メインイラスト一日に何度か必ず使用するトイレ。「ひとりになれる場所」「落ち着く場所」として、長居を決め込む人もいますね。
かの戦国武将・武田信玄は、六畳もの畳敷きのトイレを作らせ、そこで数々の戦略を練ったとか。万一、刺客に襲われても刀を抜くことができる広さを持ち、香を昼夜絶やさず、風呂屋の残り湯を利用した一種の水洗トイレだったそうですから、当時としてはかなり快適だったと思われます。
時代は変わっても、トイレは毎日使う場所であることに変わりありません。信玄ほどには無理でしょうが、できるだけ快適な空間にしつらえたいものです。

それには、やはり清潔であることが第一です。
ポイントは、「さっとひとふき」と「きちんと点検」を使い分けること。

まずは、「さっとひとふき」で毎日のお掃除をしましょう。
便座の汚れは時間がたつほどにどんどん取れにくくなってしまいます。そうなる前に、一日一回の「さっとひとふき」をおすすめします。

次に、「さっとひとふき」ではむずかしい便座の取りつけ部分やタンク、シャワー式トイレのノズルなどは、定期的に「きちんと点検」し、清潔に保ちましょう。換気も大切ですから換気扇が詰まっていないかのチェックもお忘れなく。

寒い冬はトイレが近くなります。温かい居間や布団から急に寒いトイレへの移動は、血圧が急に上がる原因になりかねません。高齢の方や病気を持っている方は、温かくなる便座やヒーターを使用してトイレを温かくする工夫をしてみましょう。夜間は、トイレまでの廊下などにライトをつけて、足元を見やすくしておくことも大切です。

トイレは、家族の誰もが使う場所ですから、快適に過ごせるようにしておくことを心がけたいものですね。


▲心地よく住まう空間くらしの小径ホーム