Home心地よく住まう空間>一輪の花を飾りましょう

心地よく住まう空間インデックス
珪藻土〜やさしい壁に住まう〜
照明について〜明るく住まう〜
換気のコツ〜新鮮な風を入れる〜
炭の魅力〜自然のフィルターを活用する〜
夏の日よけ対策〜日射は外で遮る〜
窓をきれいに
我が家のトイレを快適に
一輪の花を飾りましょう
住まいのにおい、気をつけて!
心地よく住まう空間

一輪の花を飾りましょう

メインイラスト見慣れた我が家、毎日のくらしの中にさりげなく一輪の花を飾るだけで、ちょっとしたアクセントができて、生活空間が華やぎますね。そこで、普段の一輪挿しがちょっときれいに見える工夫をご紹介しましょう。

一輪の花といっても、選ぶのには迷ってしまうくらい色や種類が豊富です。 散歩で見つけた「一輪」や、庭の「ひと枝」など、一輪挿しは「一輪」だからこそ、花自体の個性がより浮き彫りになります。まずは、それを際立たせることが大切なポイントです。
たとえば、茎の形がユニークなものは茎が見えるように、大振りの花はよりダイナミックに、また、凛とした立ち姿が美しい花は、縦のラインを強調するように……。そうすると花がぐっといきいきしてきます。

もうひとつのポイントは、花を置く場所によって見る角度が変わるということです。洗面台の高さでは上から花を見ることになりますが、それより高い玄関の棚の上に飾るなら横から見るわけです。
切る前に花の個性と活ける場所とを頭に入れてハサミを入れるようにしましょう。

「花の種類を変えても、いつもと同じ花器ではワンパターンになってしまう」というときは、身近にあるものを花器に変身させてしまいましょう。
たとえば、おしゃれな空き缶やマグカップにさりげなく一輪。キッチンにあったら自然で素敵ですね。花がとても身近になります。他にも可愛いジャムの瓶やそば猪口、ワイングラスなど、使えそうなものは案外たくさんあるものです。

花選びに迷ったら、花屋さんに聞いてみましょう。知らなかった花の特徴や飾るときのコツなど、いろいろなアドバイスが聞けそうです。

おしゃれに花を飾るアイデア

▲心地よく住まう空間くらしの小径ホーム