Home心地よく住まう空間>住まいのにおい、気をつけて!

心地よく住まう空間インデックス
珪藻土〜やさしい壁に住まう〜
照明について〜明るく住まう〜
換気のコツ〜新鮮な風を入れる〜
炭の魅力〜自然のフィルターを活用する〜
夏の日よけ対策〜日射は外で遮る〜
窓をきれいに
我が家のトイレを快適に
一輪の花を飾りましょう
住まいのにおい、気をつけて!
心地よく住まう空間

住まいのにおい、気をつけて!

いつもは気にならない我が家のにおい。でも、外から帰ってきて玄関に入った瞬間、はっとした経験はありませんか。特に梅雨時は湿気が多く、来客があるときなどは気になりますね。

家のにおいは、さまざまなにおいが混ざり合ってできると言われています。他の香りでごまかすのではなく、日ごろから「においの元」に対策をしておきましょう。

玄関のにおいは、靴にしみこんだ汗や革、ゴムのにおいなどが交じり合ったものです。汗や雨でぬれた靴は陰干しなどで乾燥させてからしまいましょう。

湿気はにおいの元になります。空気の乾燥した晴れた日には、できるだけげた箱を開いて換気(→「換気のコツ」)を心がけましょう。炭を置いたり(→「炭の魅力」)、扇風機で風を送り込むのもひとつの手です。

においは空気中にあるだけでなく、カーテンや家具、壁の表面にも付着しています。キッチンでは、生ゴミや排水口への対策はもちろんですが、食器棚や冷蔵庫の表面などを水拭きすることで、においが取れる場合があります。居間でも、家具や壁を拭いたり、定期的にカーテンを洗濯することも、におい対策に繋がります。

近年は、建物の機密性が高くなっているため、においがこもりやすくなってしまいました。においの元を退治すると同時に普段からこまめな換気を心がけ、すっきりした気分で毎日を過ごしましょう。



前のテーマへ 前のテーマへ 次のテーマへ 次のテーマへ

▲心地よく住まう空間くらしの小径ホーム