大切ないのちを救う
心肺蘇生法CAB+D


いのちを救うチャンスは、わずか10分間。身近なあなたにかかっています。

心停止で意識を失ったまま10分間放置すると、生存退院率(救命率)は10%を切ってしまいます。電気ショックは1分1秒でも早く行わなければなりません。

▼1分ごとに7〜10%も生存退院率が低下

図

出典:Larsen MP, et al:Ann Emerg Med 1993;22:1652-1658

※心肺蘇生法は、医師会や日本赤十字社、消防庁で講習が受けられます。


最初のページへ戻る


日本医師会