閉じる

平成27年(2015年)11月20日(金) / 日医ニュース

長きにわたり、医学・医療の発展に貢献してきた功労者を顕彰

長きにわたり、医学・医療の発展に貢献してきた功労者を顕彰

長きにわたり、医学・医療の発展に貢献してきた功労者を顕彰

 第68回日本医師会設立記念医学大会が11月1日、日医会館大講堂で盛大に開催され、日本医師会最高優功賞、優功賞、医学賞、医学研究奨励賞の授与と、併せて長寿会員慶祝者の紹介、医学賞受賞者による記念講演が行われた。

 冒頭、あいさつに立った横倉義武会長は、今年が戦後70年の節目の年であることに触れ、「灰燼(かいじん)に帰した国土から奇跡の復興を成し遂げ、世界有数の長寿国をつくり上げた背景には、国民医療の向上に挺身(ていしん)した先達の尊い姿がある」と指摘。今回の受賞者を含めた諸先輩方のこれまでの活動に改めて敬意を表すとともに、今後も「国民と共に歩む専門家集団としての医師会」をより明確にしながら、『日本医師会綱領』の理念を守り、国民が安心できる最善の医療を提供していけるよう、会員と共に尽力していく意向を示した。
 続いて来賓を代表してあいさつした、塩崎恭久厚生労働大臣(神田裕二医政局長代読)は、医療行政に対する日医の日頃の理解と協力に対して感謝の意を表した上で、安倍内閣が掲げる『一億総活躍社会の実現』に向けて、厚労省でも省を挙げて取り組んでいることを紹介。「今後も国民医療の発展のために日医と連携を密にし、政策を進めていきたい」として、引き続きの協力を求めた。
 その後、表彰式に移り、受賞者に対して、横倉会長から表彰状と記念品目録が授与された。
 最後に、受賞者を代表して、齊藤勝青森県医師会長が、「社会保障制度改革が強力に進められ、医療を取り巻く状況は大変厳しいものがあるが、このような時こそ、日医として横倉会長の下に団結し、この難局に立ち向かい、その解決策を模索してもらいたい」と要望するとともに、「本日の受賞を契機として一層の研鑽(けんさん)に努め、医学の振興、国民医療の向上に寄与していきたい」と謝辞を述べた。
 表彰式終了後には、日本医師会医学賞受賞者による「慢性炎症・癌化に関わる新しいユビキチン修飾系の発見」(岩井一宏京都大学大学院医学研究科教授)、「生活習慣病のリスク要因解明と予防対策の評価に関する公衆衛生学的研究」(磯博康大阪大学大学院医学系研究科教授)、「高血圧の発症の分子メカニズム」(藤田敏郎東京大学名誉教授)の3講演が行われ、会は終了となった。
 なお、白寿会員30名、米寿会員1308名の慶祝者には、更なる長寿を祈念して、後日、銀盃が贈呈された。

受賞者一覧
日本医師会最高優功賞
◇通算6年日本医師会役員及び都道府県医師会長
 青木 重孝(三 重)
 笠原 𠮷孝(滋 賀)
◇在任6年都道府県医師会長
 齊藤  勝(青 森)
 髙谷 雄三(福 島)
 太田 照男(栃 木)
 金井 忠男(埼 玉)
 渡部  透(新 潟)
 松田 峻一良(福 岡)
 池田 秀夫(佐 賀)
 福田  稠(熊 本)
 池田 琢哉(鹿児島)
◇医学、医術の研究又は地域における医療活動により、医学、医療の発展又は社会福祉の向上に貢献し、特に功績顕著なる功労者(都道府県医師会長推薦)
地域医療の充実及び学校保健活動に貢献した功労者
 大里 篤志(宮 城)
地域医療・介護の充実に貢献した功労者
 須田  滉(福 島)
地域の保健・医療・福祉の向上に貢献した功労者
 畑   誠(埼 玉)
医師会活動を通じて地域医療の発展に貢献した功労者
 番場 道夫(新 潟)
警察への協力活動に著しく貢献した功労者
 瀧  邦彦(富 山)
小児の保健・医療提供体制の確立に貢献した功労者
 杉谷 正東(静 岡)
救急医療体制の整備・発展に貢献した功労者
 西本 幸正(愛 知)
地域保健・医療の向上及び検案活動に貢献した功労者
 金澤 豊純(兵 庫)
地域医療の充実及び産業保健活動に貢献した功労者
 関谷 勝行(奈 良)
地域医療の向上及び救急医療体制の確立に貢献した功労者
 本城 典彦(広 島)
警察への協力活動に著しく貢献した功労者
 川口 陸奥男(熊 本)
地域医療・介護の充実に貢献した功労者
 大勝 洋祐(鹿児島)
医師会活動を通じて地域医療の発展に貢献した功労者
 當山  護(沖 縄)

日本医師会優功賞
◇在任10年日本医師会代議員
 永井 幸夫(宮 城)
 小松  満(茨 城)
 青木 公平(栃 木)
 月岡 鬨夫(群 馬)
 尾﨑 治夫(東 京)
 近藤 正樹(神奈川)
 向山 秀樹(神奈川)
 関  隆教(長 野)
 市川 朝洋(愛 知)
 杉田 洋一(愛 知)
 山本  楯(愛 知)
 茂松 茂人(大 阪)
 自見 弘之(大 阪)
 足立 光平(兵 庫)
 置塩  隆(兵 庫)
 豊田 秀三(広 島)
 平松 恵一(広 島)
 松村  誠(広 島)
 大野 尚文(愛 媛)
 陣内 重三(福 岡)
 村上 吉博(福 岡)
 玉城 信光(沖 縄)
◇在任10年日本医師会委員会委員
 目黒 順一(北海道)
 望月  泉(岩 手)
 佐藤 和宏(宮 城)
 鈴木 明文(秋 田)
 中條 明夫(山 形)
 常盤 峻士(福 島)
 石渡  勇(茨 城)
 諸岡 信裕(茨 城)
 西松 輝高(群 馬)
 山崎  學(群 馬)
 安達 知子(東 京)
 安藤 高夫(東 京)
 石井 孝宜(東 京)
 伊地知 正光(東 京)
 小川  郁(東 京)
 落合 和彦(東 京)
 川上 順子(東 京)
 児玉 浩子(東 京)
 近藤 太郎(東 京)
 藤巻 わかえ(東 京)
 細萱 茂実(東 京)
 町野  朔(東 京)
 白須 和裕(神奈川)
 鈴木  厚(神奈川)
 保坂 シゲリ(神奈川)
 泉  良平(富 山)
 池端 幸彦(福 井)
 〆谷 直人(静 岡)
 杉浦 真弓(愛 知)
 寺崎 浩子(愛 知)
 二井  栄(三 重)
 加納 繁照(大 阪)
 清野 佳紀(大 阪)
 中尾 正俊(大 阪)
 松本  卓(兵 庫)
 山田 和毅(和歌山)
 弘山 直滋(山 口)
 林  正作(香 川)
 佐伯 光義(愛 媛)
 鹿子生 健一(福 岡)
 瀬戸 裕司(福 岡)

日本医師会医学賞
慢性炎症・癌化に関わる新しいユビキチン修飾系の発見
 岩井 一宏(京大・細胞機能制御学)
生活習慣病のリスク要因解明と予防対策の評価に関する公衆衛生学的研究
 磯  博康(阪大・公衆衛生学)
高血圧の発症の分子メカニズム
 藤田 敏郎(東大名誉教授)
がん外科手術手技に関する臨床研究法の確立とそれを用いた胃がんリンパ節郭清の標準化
 笹子 三津留(兵庫医大・外科学)

日本医師会医学研究奨励賞
分子イメージングによるがんのコンパニオン診断とイメージングに基づいた光線治療法の開発
 光永 眞人(慈恵医大・内科学)
褐色・白色脂肪細胞における転写・エピゲノム制御と肥満症における意義
 脇  裕典(東大・脂肪細胞機能制御学)
ストーマ患者に対する新たな同種複合組織移植研究
 荒木  淳(東大・形成外科・美容外科学)
子宮内膜由来の着床障害による不妊症の関連遺伝子の解析
 黒田 恵司(順天堂大・産科婦人科学)
医師の健康支援に関する産業保健的介入のあり方の検討
 和田 耕治(国立国際医療研究センター)
心不全特異的なBNP転写誘導メカニズムの解明による新たな経口心不全治療薬開発の試み
 塚本  蔵(阪大・医化学)
肺癌化学療法に伴う免疫耐性機構の動的変化を克服する化学免疫療法の基盤開発とその制御
 大植 祥弘(川崎医大・呼吸器内科学)
消化器癌における常在微生物群ゲノムの解析と分子異常・免疫応答・環境因子との関連
 能正 勝彦(札幌医大・消化器・免疫・リウマチ内科学)
炎症性腸疾患における腸内細菌叢パターン解析による新たな診断分類、治療選択手法の確立
 高山 哲朗(東海大・内科学)
臓器間神経ネットワークによる体重調節機構の解明に基づく新規肥満治療薬の開発
 山田 哲也(東北大・糖尿病代謝内科学)
CTCチップを用いた循環膵臓癌細胞捕捉と低侵襲的な新規膵臓癌確定診断法の確立
 横堀 武彦(群馬大・病態腫瘍薬理学)
食道癌における"がん代謝"に関わるepigenomic biomarkerの網羅的解析
 馬場 祥史(熊本大・消化器外科学)
聴覚機能の成立に関わるアクチン制御機構の解明
 坂口 博史(京府医大・耳鼻咽喉科・頭頸部外科学)
メタボリックシンドロームにおける尿路結石促進機序の解明と分子標的治療への応用
 岡田 淳志(名市大・腎・泌尿器科学)
次世代型偏光感受型光干渉断層計による術後瘢痕化評価
 福田 慎一(筑波大・眼科学)

白寿会員
 佐々木 道子(北海道)
他29名
米寿会員
 相沢 芙束(北海道)
他1,307名

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる