閉じる

平成28年(2016年)1月5日(火) / 日医ニュース

医師たちが日頃の練習成果を披露

医師たちが日頃の練習成果を披露

医師たちが日頃の練習成果を披露

 「第2回医師たちによるクリスマス・チャリティコンサート」が昨年12月13日、日医会館大講堂で開催された。
 本コンサートは、横倉義武会長の発案により、(1)難病等の疾病に苦しむ患者及びその家族の方々を支援する、(2)医師が診療だけでなく、芸術など多面的な分野で活躍していることを広く知ってもらう場を設ける─ことを目的として、一昨年から行われているものである。
 冒頭、あいさつした横倉会長は、「医師は日頃多忙なため、文化的な活動を行いにくいが、聴診器やメスの代わりに楽器や楽譜を持ち、練習をしている方もたくさんいる。普段、医師が勉強や会議に使用している日医会館が、本日は一転して、すばらしいコンサートホールになっており、私自身も楽しみたい」と述べた。
160105g2.jpg コンサートは、ポピュラー、クラシックに分かれ、家族や同じ病院、患者さんから紹介されたプロを交えたグループ、地域医師会の仲間達でつくったグループなど、選考の結果選ばれた多種多様な11組が出演。また、国会議員による"ギインズ"が特別出演するとともに、ゲスト出演した雅楽師の東儀秀樹氏による演奏が行われた。
 なお、今回のコンサートは、456名の来場者があり、当日の来場者並びに事前に企業・団体から寄せられた寄付金320万9689円は全額、一般社団法人日本難病・疾病団体協議会に寄付される。

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる