閉じる

平成30年(2018年)5月9日(水) / 「日医君」だより

「メディカル会計力リーダー養成講座(第2期)」申込受付中 (5月20日(日)締切)

 現在、メディカル会計力リーダー養成講座(第2期)の受講申込みを好評受付中です。(5月20日(日)締切)

 本講座では、医療機関経営に役立つ会計思考のエッセンスを最新のe-ラーニング・システムで学びます。イラスト付テキストと分かりやすい解説動画によって、会計知識に自信がない方でも、無理なく学習することが可能です。

 昨年実施した第1期講座が好評につき、引き続き第2期の開講となりました。会計を読み解く能力は、経営のみならず、政策を見通す上でも有効です。是非この機会に受講をご検討ください。

<詳細・お申込み>
 ⇒メディカル会計力リーダー養成講座

<第1期受講者の声>

・医療職にはなじみのうすい内容を分かりやすく丁寧に解説頂いた。大変興味を持って受講でき役立つ内容と感じた。特に固定費とその回収という視点。例えば新しい医療機器を導入する場合に、その機器を稼働させることと、実診療でどのくらいの患者さんに使用してメリットを得ることができるかなどの課題を意識することができた。医師をしていると応召義務や学問的興味を重視しがちで、特に採算性・経営の安定ということには関心が及びにくい点がある。この面を勉強することで、事務職員・経営幹部へのリスペクトを感じることができ、有意義であったと感じている。動画で著者のお顔を見て言葉を聴くことで良いお人柄に接することができたと感じられた。講座の受講を勧めたい。
(医師)

・私はまさに「会計アレルギー」でした。赤字という現実に直面し驚き会計の本を読み漁りましたが、理解できず悩んでいました。その頃に、この講座をご紹介頂き受講することにしました。講座では、ユニークな絵が描かかれていました。これが堅苦しい会計のイメージを取り除き、見事に会計のポイントを分かりやすく説明してくれています。更に「15世紀のベニスの商人」時代からの会計の歴史から紐解き、初心者にも分かりやすく会計の本質が説明されているので、講座が進行するにつれて、私の「会計アレルギー」は治癒していました。平成29年度の売上の追い込みの時期、まるでこの講座は、そんな私に寄り添うかのように内容が進行していったので、学んだことを座標に分析を行い、潜在的だった「どんぶり勘定経営」の問題点を顕在化させることができました。今では会計用語も知らなかった私が堂々と会計士と専門用語で話ができるまでになり、「受講して良かった!」と思います。最後に、動画の中の先生のやさしい素敵な表情もこの講座を続けるサポートをしてくれました。「会計アレルギー」の皆様にお勧めの講座です。
(元看護師、一般社団法人代表理事)

講師による講座紹介 ⇒ 動画

問い合わせ先

日本医師会ORCA管理機構(担当:福田)medacc-info@pm.orcamo.co.jp

関連キーワードから検索

戻る

シェア

ページトップへ

閉じる